職人の声

君塚 秀一
君塚 秀一
鳶職人になろうと思ったきっかけは?
若い頃、鍛冶屋としてアルジェリアのプラントで働いていたことがありました。
帰国後、職を探していたら吉村組の看板が目に入って仕事することにしました。
最初は3ヶ月で辞めようと思っていたが、「骨を埋めるつもりで俺とつき合ってくれ」と言った初代の社長に惚れて、今も吉村組でお世話になっています。
仕事の現場でもっとも気をつけていることは?
職人として大切なのは、空気を読むこと。現場の空気を読み、仕事をイメージすれば、段取りも楽になる。私くらい経験を積めば、現場の空気も読むけど、人の心も読んじゃう(笑)。
監督がどんな仕上がりを望んでいるか、監督のイメージと自分のイメージを近づけることが、私のモットー。それがうまくいった時は快感!職人冥利に尽きます。
これから職人の道を目指す人たちへひと言
やる気があって真剣であれば、必ず伸びる。どんな仕事でもいいから興味を持て。
そうして覚えたことは、いずれ絶対に活きてきます。
石橋  功
石橋  功
鳶職人になろうと思ったきっかけは?
若い頃、何もしていない時期があり、まずは身体を動かして働いてみようと思いました。
仕事でのやりがいは?
私は土を掘ることから鉄筋工事の手伝いなど、何でもやっています。自分の作業が済めば終わりではなく、それに関わることは手伝い、現場を終わらせるために仕事をやり遂げる。
それが吉村組のスタイルですから。
仕事の現場でもっとも気をつけていることは?
人に言われたまま、与えられた作業をするだけではダメ。あくまでも完成形を頭に描いて、スケジュールや人数、配置、使う道具のチョイスなど段取りをできることが大切です。
そうすれば、効率も上がるし、あせることもないのでケガも防げます。
今後の夢は?
チームで仕事を円滑に進めるために、さらにスキルアップを図り、誰からも認められる職人になりたいです。
横手 宏充
横手 宏充
鳶職人になろうと思ったきっかけは?
ある日、足場の仕事をする職人の姿を見ていて、やりがいもありそうで、かっこ良いと思ったから。
仕事でのやりがいは?
入って3年目で自分の現場を持つようになりました。足場が完成した時の達成感や、監督さんに「次もお願いします」と褒められた時は嬉しくて、やりがいを感じます。
仕事の現場でもっとも気をつけていることは?
年配の方に対しては言葉遣いに気をつけ、分かりやすく説明することなどを意識しています。安全で他の業者の人が使いやすくきれいな足場を作ることも大切。
そのためには、完成形をイメージしながら仕事をすることですね。
今後の夢は?
いつかは独立して会社を経営したい。吉村組には独立支援制度もあるから、頑張れば夢も実現すると思います。また、勉強会もあるので、そこで学んだことは将来きっと役に立つと思います。

職人の一日

職人の一日 職人の一日 職人の一日

職人歴20年

葛西 芳和
若い頃は、効率良く早く足場を組むことが会社に貢献していると思っていました。でも今は、他の業者さんが無理のない姿勢で作業ができる足場作り、安心して仕事ができる環境作りを意識しています。現場の安全を預かるという仕事に、誇りを持っています。
葛西 芳和