資格について

技術向上のための資格取得費用は当社が負担します。

建設現場では、「危険が伴う作業には有資格者を従事させなければならない」と法律で定められており、今や資格は欠かせない存在になっています。
その資格には、国家試験がある「免許」から、講習を受けるだけで取得できる「技能講習」「特別教育」などの種類があり、高度な作業をする為に必要となるものは、国家資格の扱いにもなっています。

技術向上のための資格取得費用は当社が負担

技能講習

玉掛け
クレーンで荷を吊る為に、ワイヤーロープなど掛けたりする作業を玉掛けと言い、
このワイヤーを掛けたり外したりする作業にはこの「玉掛け」の資格が必要です。
足場の組立て等作業主任者
高さが5メートル以上の足場の組立、解体、変更の作業をする時には
「足場の組立て等作業主任者」の資格を持っている人を配置することが義務づけられています。
この資格を取るには足場に関する作業の経験が3年必要です。
建築物等の鉄骨組立て等作業主任者
高さが5メートル以上の鉄骨の組立解体、変更の作業をする時には
「建築物等の鉄骨組立て等作業主任者」の資格を持っている人を配置する事が義務づけられています。
この資格を取るには鉄骨に関する作業について3年の経験が必要です。
高所作業車運転
高さ10m以上の高所作業車の運転には「高所作業車運転技能講習」の修了証が必要です。
特別教育では10m未満という制限があります。
受験資格は、「技能講習」「特別教育」どちらも18歳以上です。
フォークリフト運転
最大荷重1t以上のフォークリフトの運転には「フォークリフト運転技能講習」の修了証が必要となります。
特別教育にもフォークリフト運転者の資格があり、こちらは最大過重が1t未満という制限があります。
受験資格は、「技能講習」「特別教育」どちらも18歳以上です。

特別教育安全衛生教育講習

職長・安全衛生責任者教育
職長とは作業員を総指揮する人のことを言い、各職毎に配置され、工事現場の各職業で一番責任の重い人のことを言います。
現場を任されるには、この講習を受け、職長・安全衛生責任者教育修了証が必要となります。

技能検定

職長・安全衛生責任者教育
職長とは作業員を総指揮する人のことを言い、各職毎に配置され、工事現場の各職業で一番責任の重い人のことを言います。
現場を任されるには、この講習を受け、職長・安全衛生責任者教育修了証が必要となります。

吉村組有資格者(2014年8月現在)

一級とび技能者
5名
職長・安全衛生責任者
25名
足場の組立
20名
玉掛け
23名
高所作業車
14名
車両系建設機械
6名